TOSAの役割や内部構造

TOSAは、ステムやバラフライパッケージなどにレーザーダイオードチップや駆動用ICを回路内に構成させて、レーザーダイオードからの光を集光レンズに通して、内蔵されているコネクタに光軸を合わせたもので、組み合わせが既にほぼ完成しているアッセンブリー要素を持つ電子部品です。

続きを読む → TOSAの役割や内部構造

TOSAを分かりやすく解説

誘電体によってリード端子が固定されたステムや光・電気端子を備えた半導体レーザのパッケージの一種でもあるバラフライパッケージ、これらにレーザーダイオードチップや駆動用ICなどを組み合わせたアッセンブリに、レーザーダイオードからの光を集光レンズを介し、光ファイバを内部に保持したフェルールでもあるスタブフェルール内蔵のレセプタクルの光軸を合わせたものをTOSAと呼びます。

続きを読む → TOSAを分かりやすく解説

ROSAの仕組みとポイント

ROSAは光ファイバーの出力をデジタルデータに変換するものであり、一般的には正確なデジタルデータである光信号を実際のデータに変換するものであるため、非常に構造が簡単でその規格も緩やかなものと認識されることが多いものですが、実際には様々な機能を持たなければこれらの役割を十分に果たすことができないことから、構造が非常に複雑でありしかも高い機能を持っていることが一般的となっています。

続きを読む → ROSAの仕組みとポイント

1 2 3