外国人研修生のイチ押しはカンボジア!

以前に比べて街中で外国人を見掛けることが多くなったと感じている人はたくさんいるのではないでしょうか。

カンボジアの外国人研修生に関する情報が閲覧できます。

その事実を裏付けるかのように、日本を訪れる外国人の数は年々増えています。

それは観光が目的というだけでなく、企業が外国人研修生を受け入れるというプロジェクトを発足したということも影響しているに違いありません。



アジアの新興国から若くて優秀な若者を日本に派遣し、日本企業は外国人研修生を受け入れて日本の高い技術を伝達するというのがこのプロジェクトの目的ですが、どこの国の若者を受け入れたいかという質問に対する日本企業の回答はほとんどがカンボジアです。その大きな理由のひとつとして挙げられるのが、彼らが持つ天性の気質と言えるのではないでしょうか。

カンボジア人は、素朴で素直で明るい性格をした人が多いを言われています。
これは、教える側から考えると非常に教え甲斐があり、気持ちの良い人間関係を築く上で重要な資質です。



そのため、以前は他の国からの外国人研修生を受け入れていたという会社でも、最近はカンボジアの研修生をと名指しで指名してくるところも少なくはありません。
カンボジアからの研修生が入ることで、社内は活性化され雰囲気が格段に良くなったと高い評価が得られています。


カンボジアの研修生とならば、技術を伝授し人間関係を円滑にするエッセンスを貰うという「ブツブツ交換」が成り立っていると言ってもよいかもしれません。