目的に合わせて選ぶアミノ酸サプリ

多くの種類があるアミノ酸サプリですが、配合されているアミノ酸の種類はサプリによってそれぞれ違いがあります。

アミノレブリン酸についての知識を高めてもらうためのサイトです。

人間の活動に関わるのは、およそ500種類ある内の20種類ほどになり、体内では合成できない9種類と体内に存在している成分を使って合成できる11種類の非必須に分けられます。

自己で合成できない必須アミノ酸のサプリを摂取することは、生命活動を維持する上でとても大切で、筋肉の成長を促進、精神の安定、内臓や神経の機能の向上などが見込めます。


非必須アミノ酸サプリにはどのような働きがあるのかというと、免疫力を高めたり疲労回復させる効果があり、有名な成分では栄養ドリンクなどにも配合されているアスパラギン酸やグルタミンなどがあります。



アミノ酸サプリでは必須と非必須が混合されて配合してあるので、利用する目的に合わせて選ぶようにすると、効率的に成分を吸収できます。

例えば、筋肉増強にはバリンやロイシン、イソロイシン、ウイルスや細菌に対する抵抗力と免疫力を高めたい時には、シスチン、アルギニン、グルタミン、システイン、テアニンが最適です。ダイエット効果を高めたい時には、筋肉増強に適した3種類に加え、リジンとメチオニンが良いとされていてます。



アラニンやプロリン、アルギニンなども脂肪分解酵素のリパーゼの原料になるため、脂肪燃焼をサポートする成分になります。
ボトルや袋に記載されている配合成分の種類をチェックして使用目的に合った成分を主に、粒の大きさ、味や香りなどの飲みやすさ、価格などを考慮して続けやすい物を選びましょう。