カンボジアからの外国人研修生の動向

最近カンボジアからの外国人雇用が、建設業などで増加しています。企業が積極的に受け入れ態勢を整えているからです。

その背景になっているのは深刻な人手不足があります。建設現場では、東京オリンピックを目前にして雇用を増やす傾向がありますが、他業種でも定年による労働人口の減少が進んでおり、人手不足に拍車がかかっているのです。
カンボジアの外国人研修生を受け入れることは、人手不足を解消し、人件費を抑えるという企業にとっては2重の効果があります。


発展途上国では、日本の文化に触れることで技術を学び国の発展を目指したいという若者が多数いるのです。

ただし、送り出し機関で日本に来てから生活に困らないような研修を経て来日するかで大きな違いが出てきます。カンボジアでは国が外国人研修生の日本への派遣を後押ししているのです。

外国人研修生の送り出し機関は、外国語教育をはじめ日本の生活に溶け込めるような教育を終了してから送り出してくれています。

カンボジアの外国人研修生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

カンボジアという国は、まだまだ馴染みが薄いのですが、生活水準はまだ満たされておらず、地域的に貧困なアジアの国です。
外国人研修生が多い分野は、農業と工場ですが最近は建設現場にも多くいることが確認できています。



医療福祉機関での需要もあり、幅広い分野で取り入れたいという希望がおおくなっているのです。



仏教徒が多く性格がいいのも企業としては使いやすいことから受け入れを希望が増加しています。
単なる雇用にとどまらず技術を教えて自国の役に立っていただく事が大切です。